新型ウイルスに有効、次亜塩素酸水!従来の常識覆す除菌水とは?

まだまだ不安が拭えず、緊張感が漂うコロナ事情です。

NITE(製品評価技術基盤機構)の最終発表で、コロナ対策に次亜塩素酸水の有効性
も認められました。

そこで、従来の次亜塩素酸水の常識を覆す次亜塩素酸水・除菌水をご紹介します。

次亜塩素酸水については、様々な見解が出されていましたが、
塩素濃度により効果も違ってくるため、その辺も詳しく解説していきましょう。

アルコールスプレーがもう店頭に無くて、代わるものをお探しの方や
次亜塩素酸水について分からなくなっている方は、
ぜひ参考にしていただければ幸いです。

次亜塩素酸水とは?

次亜塩素酸水は、食塩水(塩化ナトリウム水溶液)もしくは、
塩素酸を電気分解し作られる次亜塩素酸(HCIO)を主成分とする水溶液です。

アルコール消毒液に比べて刺激が少なく肌に優しいことで
近年注目されている除菌消臭剤です。

強酸性・弱酸性・微酸性の次亜塩素酸水があり、有効塩素の含有量が
規定されています。

次亜塩素酸水の塩素濃度の違いは?

有効塩素濃度の違いにより、効果もそれぞれ違ってくるようです。
しっかりご覧ください。

強酸性

強酸性次亜塩素酸水は、水溶液に含まれる有効塩素濃度は
20~60ppmでPH2.7以下のもので、食塩水0.2%以下を
有隔膜電解槽で電気分解をしてできるものです。

主に医療現場で内視鏡などの洗浄に使用されるなど、
医療用が主で管理が難しいこともあり、一般的な消毒には使用されません

弱酸性

弱酸性次亜塩素酸水は、水溶液に含まれる有効塩素濃度は、
10~60ppmでPH2.7~5.0で、食塩水0.2%以下を
有隔膜電解槽で電気分解をしてできるものです。

主に観光施設や公共機関などで、使用されています。

微酸性

微酸性次亜塩素酸水は、水溶液に含まれる有効塩素濃度は
50~80ppmでPH5.0~6.5の範囲のもので、食塩水5%以下または塩酸3%以下を
無隔膜電解槽で電気分解をしてできるものです。

微酸性次亜塩素酸水は、乳幼児がいる家庭でも安全性が高く
強酸性次亜塩素酸水や弱酸性次亜塩素酸水に比べて
管理がしやすいのが特徴です。

人体への影響も少ないので安心して使用できます。

従来の次亜塩素酸水のデメリットは?

それでは、従来の次亜塩素酸水のデメリットから見ていきましょう。

塩素濃度が高いほど劣化しやすい

塩素濃度の高い次亜塩素酸水は、成分が安定せず分離する確率が高くなります。

希釈して手軽に作りやすい反面、それだけに成分の安定性が低く
劣化しやすいなどのデメリットがあるのです。

希釈によって除菌力が低下

高濃度の次亜塩素酸水は、希釈のたびに空気と反応することで
有効塩素濃度が下がります。

そのうえ、その原液を水道水で希釈すると、水道水の雑菌に反応して
濃度が薄くなるためその結果、除菌力が低下してしまうのです。

希釈するのが面倒

何と言ってもこの希釈するのが面倒だと思います。

他の除菌にも気を配らなければならない時に、
一々容器を用意し分量を気にするなど、とても面倒ですよね!

従来の常識を覆す除菌水とは?

そんな従来の次亜塩素酸水の常識を覆す除菌水は『除菌水ジーア』になります。

目から鱗の除菌水です。『除菌水ジーア』のメリットを詳しく見ていきます。

『除菌水ジーア』のメリットは?

それでは従来の次亜塩素酸水の常識を覆す『除菌水ジーア』のメリット
分かりやすくご紹介します。

『除菌水ジーア』は、従来の希釈して使う次亜塩素酸水の商品に比べ
便利さ、有効塩素濃度の安定ど様々なメリットがあります。

実証済みの除菌・消臭力!

『除菌水ジーア』は、微酸性の次亜塩素酸水で、除菌剤として広く知られている
次亜塩素酸ナトリウムに比べ、高い除菌力を持つ次亜塩素酸水分子でできています。

第三者検査機関でも先に示したように、約10分で一般細菌を99.9%以上除去
する効果があることがエビデンスとして実証されているのです。

『除菌水ジーア』を、超音波加湿器に入れてお使いいただくことで、
次亜塩素酸水がミストになってお部屋の隅々まで広がります。

ミストになった次亜塩素酸水は、空間全体に行き渡り、
ウイルスや細菌、悪臭の原因物質にも強力に反応し除菌消臭するのです。

乳幼児やペットの安心・安全!

『除菌水ジーア』は本来、天然水ウォーターサーバーの内部洗浄の為に、
食品添加物として認定された次亜塩素酸水をベースに、
天然水の風味を損なわず安全に除菌するために開発して作り上げました。

『除菌水ジーア』の次亜塩素酸水は微酸性でできていて、
菌やウイルス・臭いの元になる有機物に触れた瞬間、細胞の内部に透過し、
原因菌やウイルスを除菌する働きがあります。

さらに次亜塩素酸水は、有機物と反応した後は、
水と酸素に分解され残留性がないため万が一触れたとしても安全です。

『除菌水ジーア』を、ドアの取手や手すりなどにスプレーするだけで、
次亜塩素酸水は安全性が証明されているので、
アルコール消毒のように手荒れの心配はありません

ですので、安心・安全に使いたい赤ちゃんや小さい子供のいるご家庭や
ペットにもご使用いただけるのです。

手間いらずの希釈不要!

高濃度の次亜塩素酸水は、希釈のたびに有効塩素濃度が下がります。

そのうえ、その原液を水道水で希釈すると、水道水の雑菌に反応して濃度が薄く
なるばかりか、希釈する水道水のpHによりさらに塩素濃度が薄まります

問題は時間が経過すればただの水になってしまう可能性が高いことです。

その点『除菌水ジーア』はそんな問題もなく、不純物を含まない水で
塩素濃度(60ppm)の希釈なしに調整しているため、
届いた状態でそのままスプレーボトルに移してご使用になれます。

ですので、手間が省け簡単にご使用なれるのです。

新鮮な次亜塩素酸水をお届け!

次亜塩素酸水は、製造から徐々に塩素濃度が薄まるため、
長期間の保管には向かないのです。

そこで『除菌水ジーア』では、お客様のご利用ペースに合わせて、
常に新鮮で除菌力の高い次亜塩素酸水が届くように、
製造後すぐに出荷する定期宅配システムを採用しています。

常に安定した除菌力・消臭力を求める方に『除菌水ジーア』は選ばれているのです。

定期宅配だから、今までのようなその都度の注文の必要もなく楽になりました。

まとめ

今まで、新型ウイルスに有効、次亜塩素酸水!従来の常識覆す除菌水とは?
ということで、従来の次亜塩素酸水のデメリットを解説し、
従来の常識を覆す次亜塩素酸水除菌水ジーア』のご紹介してきました。

従来の次亜塩素酸水の塩素濃度を調性してできた、微酸性次亜塩素酸水
『除菌水ジーア』です。

『除菌水ジーア』の、メリット除菌・消臭、安心・安全、希釈なし、新鮮・定期宅配
お分かりいただけたことでしょう。

今ならキャンペーンも実施中ですので、この機会にぜ『除菌水ジーア』をおすすめします。

お申し込みは、こちらをクリック⇩⇩

コメント