除菌対策で注目の次亜塩素酸水!よくある質問「デメリットは?」

感染リスクを思うと、日々不安が募るコロナ事情です。

そこで今回は、除菌対策で注目の次亜塩素酸水・除菌水メーカーに寄せられる
よくある質問の「デメリットは?」について詳しく解説したいと思います。

次亜塩素酸水について、未だに不安や戸惑いを感じ
「次亜塩素酸水のデメリットを詳しく知りたい!」と思っている人は、
ぜひ参考にしていただければ幸いです。

次亜塩素酸水とは?

次亜塩素酸水は、食塩水(塩化ナトリウム水溶液)もしくは、
塩素酸を電気分解し作られる次亜塩素酸(HCIO)を主成分とする水溶液です。

アルコール消毒液に比べて刺激が少なく、肌に優しいことで近年
注目されている除菌消臭剤です。

強酸性・弱酸性・微酸性の次亜塩素酸水があり、有効塩素の含有量が規定されています。

次の表で3タイプの次亜塩素酸水を、見やすくまとめてみました。

有効濃度ppm液性ph食塩水%     用途
強酸性20~60ppm2.7ph以下0.2%以下主に医療現場で内視鏡など
の洗浄に使用される医療用
で、管理が難しいこともあ
り、一般的な消毒には使用
されません。
弱酸性10~60ppm2.7~5.0ph0.2%以下主に観光施設や公共機関な
どで使用されています。
微酸性10~80ppm5.0~6.5ph5%以下
または
塩酸3%以下
乳幼児がいる家庭でも安全
性が高く、強酸性次亜塩素
酸水や弱酸性次亜塩素酸水
に比べて管理がしやすい
人体への影響も少ないので
安心して使用できます。

次亜塩素酸水のデメリットは?

次亜塩素酸水のデメリットは、「保存期間が短い」ことになります。

高濃度の次亜塩素酸水は、希釈のたびに空気と反応することで
有効塩素濃度が下がるのです。

そのうえ、その原液を水道水で希釈すると、水道水の雑菌に反応して濃度が
薄くなるばかりか、希釈する水道水のpHによってさらに塩素濃度が薄まります。

(※水道水質基準値はph5.8〜8.6であるため、希釈する水道水によって
pHが大幅に変わる場合がある)

希釈する高濃度タイプの問題は、時間が経過すればただの水になってしまう
可能性が高いことです。

除菌対策で注目、次亜塩素酸水・除菌水とは?

除菌対策で注目されている次亜塩素酸水の除菌水は『除菌水ジーア』になります。

『除菌水ジーア』の次亜塩素酸水は微酸性でできているので、次亜塩素酸水の
デメリットもメリットに変えているのです。

そもことを踏まえ、次に詳しく見ていきます。

除菌対策『除菌水ジーア』のおすすめポイントは?

『除菌水ジーア』のおすすめポイントは、デメリットをメリットに
変えていることですが、他にもおすすめポイントがあります。

次に詳しく解説しますので、しっかりご覧になりお役立てください。

ポイント1:デメリットをメリットに!

何と言っても『除菌水ジーア』が、次亜塩素酸水の
デメリットをメリットに変えたことが、除菌対策でも注目される理由なのです。

詳しく見ていきましょう。

希釈なしの濃度に調性!

『除菌水ジーア』は本来、天然水ウォーターサーバーの内部洗浄の
ため次亜塩素酸水をベースに、天然水の風味を損なわず除菌するために
開発して作り上げました。

次亜塩素酸水のデメリットである、高濃度の次亜塩素酸水は、
希釈のたびに空気と反応することで有効塩素濃度が下がり、
使用時にただの水になってしまっていたことが度々問題となっています。

このことに対し、『除菌水ジーア』は、不純物を含まない水で、
希釈せずに使える塩素濃度60ppmに調性しているです。

そのため、届いた状態でそのまま手軽に、ご利用いただけるのが
『除菌水ジーア』の特徴になっています。

新鮮・定期宅配システム!

次亜塩素酸水のデメリットは、製造から徐々に塩素濃度が薄まるため、
長期間の保管には向かないことで、また強酸性・弱酸性のものは
酸化力が強く、塩素濃度の劣化も早くなることが分かっています。

そこで『除菌水ジーア』微酸性で、お客様のご利用ペースに
合わせて常に新鮮で除菌力の高い次亜塩素酸水が届くように、
製造後すぐに出荷できるように定期宅配システムを採用しているのです。

もちろん製造日も記載してあるので、常に安定した除菌力を求める方に
『除菌水ジーア』は選ばれています。

定期宅配だから、今まで面倒だったその都度注文も必要ありません。

ポイント2:安全性に優れている

『除菌水ジーア』は、微酸性の次亜塩素酸水なので安全で、菌やウイルスの
元になる有機物と触れた瞬間、原因菌やウイルスを分解し不活性化します。

その後、水に変わり成分が残留しない性質を持っているため、赤ちゃんや子供が
いる空間でも安心してご使用できます。万が一触れたとしても安全です。

『除菌水ジーア』は、あらゆる除菌にドアの取手や手すり、子供のおもちゃなど
にスプレーするだけで、次亜塩素酸水は安全性が証明されているため、
アルコール消毒のように手荒れの心配はありません

ポイント3:除菌力が優れている

『除菌水ジーア』は、あらゆる菌類の細胞膜を瞬時に除菌する次亜塩素酸分子(HCIO)を
残存させる
微酸性で、次亜塩素酸ナトリウムに比べ高い除菌力があることを意味します。

次亜塩素酸(HCIO)は、菌と反応すると菌を除菌し瞬時に水に変わり、
瞬時に反応するため、成分がほとんど残留しません。

さらに『除菌水ジーア』は、微酸性次亜塩素酸水で、菌やウイルスの元になる
有機物に触れた瞬間、原因菌やウイルスを分解し不活性化します。

『除菌水ジーア』は、超音波加湿器に入れてお使いいただくことで、
次亜塩素酸がミストになってお部屋の隅々まで広がり、壁や床、ドアの取っ手や
テーブル等の家具に付着し、細菌にも強力に反応し除菌します。

まとめ

今まで、除菌対策で注目の次亜塩素酸水!よくある質問「デメリットは?」
ということで、次亜塩素酸水『除菌水ジーア』に寄せられる、よくある質問の
デメリットの解説を通してメリットに変えた『除菌水ジーア』のご紹介をしてきました。

次亜塩素酸水でも、有効塩素の含有量によって分けられていることや
その中でも調整して、より安全かつ除菌力で、除菌対策に有望なことが
お分かりいただけたと思います。

今なら、キャンペーン実施中ですので、この機会に『除菌水ジーア』をおすすめします。

お申し込みは、こちらをクリック⇩⇩

コメント